自分のしていることが自分でしているように思えない「離人症」

虐待

テーマ

離人症とは

離人症(離人感)の原因とは

自傷行為に走ってしまう理由

不安や攻撃性(怒り)を調節する能力が低くなると

まとめ

 

こんにちはmarupoです

 

人は戦争や災害、事故、壮絶な虐待経験、人間関係などから受けたひどい仕打ちや出来事に遭遇したとき、その人のこころにトラウマとして大きな傷を抱えてしまいます。

 

そしてその経験がその人にとって酷ければ酷いほど傷は深く、それまでの他人との関係が切り離され、生きているのに死んでいるような感覚につきまとわれるのです。

 

そんな「生きているのに死んでいるような感覚」を解離性障害「離人症(りじんしょう)」または「現実感消失症」と呼んでいます。

 

このような行為をしてしまう人の場合、その人は自分の中の攻撃性を調節する能力、あるいは他人からの攻撃に対する不安を調節する能力が弱まっているといえます。そしてその能力が低くなると、その人の中に「憎悪や憎しみ」を生んでしまうのです。

 

 

不安や攻撃性(怒り)を調節する能力が低くなると

 

人は不安や攻撃性・怒りを調節する能力が低くなると、自分や他人に対して「憎しみへの嗜癖」を生んでしまいます。

 

「憎しみへの嗜癖」とは、クリスタルという人物がナチの強制収容所から解放された人たちの、その後の人生について述べた言葉です。

 

強制収容所で受けた過酷で壮絶な経験から、その人たちはどこへ行っても誰と会っても、他人への不安や怒りに圧倒されてしまい、人間関係をつくれないまま人生から逃避してしまうという結果になってしまいました。

 

そういう過酷な経験から、その人たちの中には自傷行為に走ったり、アルコール依存、薬物依存になる人たちが少なくありません。ただ、その人たちはそうなることによってだけ、自分を救い出しているのです。

 

こうして、トラウマがその人たちの人生を支配してしまうとき、自分で自分をコントロールすることができなくなり、他人からの攻撃に対する不安を調節する能力が低くなり、それは自分に向けられ、自傷行為をしたり何かに依存することで生きていくしかできなくなってしまうのです。

 

それは自分ではもう処理できないような圧倒的な体験から自己を守るためなのです。

 

 

治療法などまとめ

 

離人症は幼少期に受けた虐待や、壮絶で衝撃的な体験をし、そのつらい出来事がトラウマとしてこころに傷を負い発症してしまいます。

 

それは自分であるはずの肉体の感覚が違うものに感じたり、自分がやっている行動などを遠くで自分が眺めているような感覚だったり、自分が話していても自分の意志で言葉を放っていないような感覚であったりなど、自分のしていることが自分でしているように思えない、という症状です。  

 

それは「生きた屍」とも言われ、生きつつも死んでいるような、極めて不快な感覚につきまとわれ、そこから逃れるために自傷行為をすることで、自分のつらい思いを緩和しています。

 

治療法としては、精神療法、抗不安薬または抗うつ剤などで対処されています。

 

しかし、抗不安薬は離人感や現実感消失を悪化させることもあるため、医師はこれらの薬の使用を注意深くモニタリングしながらの治療となります。

 

また、治療をしなくても自然に消失することもあります。そのため治療は症状があるか、苦痛を感じている場合にのみ行いましょう。

 

お読みくださりありがとうございました以上marupoでした

 

 

なぜ自傷行為をしてしまうの?

 

自傷行為に走ってしまう理由

 

それに至ってしまう理由は、この離人症からくる不快な感覚を自傷行為をすることで緩和するという効果があるためです。ただ、その効果を求めてしまうため自傷行為に嗜癖(しへき)してしまいます。

 

【嗜癖とは】…英語でAddictionアディクション(依存症・嗜癖)といい、ある特定の物質や行動、人間関係などをとくに好む性向をいいます。

 

自傷行為を繰り返すようになると、感覚が麻痺してきます。そのためその行為はさらに頻繁に繰り返されることになっていくのです。こうなっていくと、その人のからだは無数の切り傷や打撲に覆われてしまいます。

 

 

そして自傷行為をしてしまう人は、虐待の経験を持った人に多くいることが確認されています。虐待を受けた年齢が低いほど、その人の攻撃性(怒り)は自分自身に向けられてしまいます。

 

⇩合わせてお読みください⇩

アダルトチルドレン 親から傷つけられた人へ

 

このような行為をしてしまう人の場合、その人は自分の中の攻撃性を調節する能力、あるいは他人からの攻撃に対する不安を調節する能力が弱まっているといえます。そしてその能力が低くなると、その人の中に「憎悪や憎しみ」を生んでしまうのです。

 

 

不安や攻撃性(怒り)を調節する能力が低くなると

 

人は不安や攻撃性・怒りを調節する能力が低くなると、自分や他人に対して「憎しみへの嗜癖」を生んでしまいます。

 

「憎しみへの嗜癖」とは、クリスタルという人物がナチの強制収容所から解放された人たちの、その後の人生について述べた言葉です。

 

強制収容所で受けた過酷で壮絶な経験から、その人たちはどこへ行っても誰と会っても、他人への不安や怒りに圧倒されてしまい、人間関係をつくれないまま人生から逃避してしまうという結果になってしまいました。

 

そういう過酷な経験から、その人たちの中には自傷行為に走ったり、アルコール依存、薬物依存になる人たちが少なくありません。ただ、その人たちはそうなることによってだけ、自分を救い出しているのです。

 

こうして、トラウマがその人たちの人生を支配してしまうとき、自分で自分をコントロールすることができなくなり、他人からの攻撃に対する不安を調節する能力が低くなり、それは自分に向けられ、自傷行為をしたり何かに依存することで生きていくしかできなくなってしまうのです。

 

それは自分ではもう処理できないような圧倒的な体験から自己を守るためなのです。

 

 

治療法などまとめ

 

離人症は幼少期に受けた虐待や、壮絶で衝撃的な体験をし、そのつらい出来事がトラウマとしてこころに傷を負い発症してしまいます。

 

それは自分であるはずの肉体の感覚が違うものに感じたり、自分がやっている行動などを遠くで自分が眺めているような感覚だったり、自分が話していても自分の意志で言葉を放っていないような感覚であったりなど、自分のしていることが自分でしているように思えない、という症状です。  

 

それは「生きた屍」とも言われ、生きつつも死んでいるような、極めて不快な感覚につきまとわれ、そこから逃れるために自傷行為をすることで、自分のつらい思いを緩和しています。

 

治療法としては、精神療法、抗不安薬または抗うつ剤などで対処されています。

 

しかし、抗不安薬は離人感や現実感消失を悪化させることもあるため、医師はこれらの薬の使用を注意深くモニタリングしながらの治療となります。

 

また、治療をしなくても自然に消失することもあります。そのため治療は症状があるか、苦痛を感じている場合にのみ行いましょう。

 

お読みくださりありがとうございました以上marupoでした

 

 

解離性障害「離人症」とは

 

 

「離人症」とは

 

離人症とは、自分のしていることが、自分でしているように思えない。という感覚をもってしまうようなことを言います。

 

その感覚とはあたかも傍観者のように、自分がしている行為を自分が見守っていたり、また自分がロボットになったような別のものになって自分の言動をコントロールできなくなったり、ずっと夢の中にいるような感覚であったりするのです。

 

 

また中には離人症とまではいかなくても、「自分のやっていることに現実感がともなわない」ことがあったり、あるいは「自分の体やその一部が自分のもののように感じられない」といった離人感に悩まされている人もいます。

 

そしてそのような解離性障害をもってしまった人にみられるのが、繰り返される悪夢やフラッシュ・バック、アルコールや薬物などの依存症、手首などを切る行為リストカットなどの自傷行為、自殺です。

 

こうしたひどいトラウマに遭遇し、生きつつ死んでいるようなきわめて不快な感覚につきまとわれてしまうつらさから逃れるために「依存」や「自傷行為」に走ってしまうのです。

 

 

離人症になってしまうその原因は?

 

離人症(離人感)の原因とは

 

【離人症になってしまう原因】

・幼少期、または小児期に精神的虐待、情緒的虐待、身体的虐待、ネグレクト

を受けた

・DV(ドメスティックバイオレンス)を目撃した

・親に重い身体障害または精神障害がある

・愛する人の突然死

 

など、離人症になってしまう原因には、とくに幼少期にこのような強いストレスを受けたり、虐待の経験をした人に発症します。

 

そして離人症という不快な感覚につきまとわれてしまうつらさから逃れるために「依存」や「自傷行為」に走ってしまいます。

 

 

 

なぜ自傷行為をしてしまうの?

 

自傷行為に走ってしまう理由

 

それに至ってしまう理由は、この離人症からくる不快な感覚を自傷行為をすることで緩和するという効果があるためです。ただ、その効果を求めてしまうため自傷行為に嗜癖(しへき)してしまいます。

 

【嗜癖とは】…英語でAddictionアディクション(依存症・嗜癖)といい、ある特定の物質や行動、人間関係などをとくに好む性向をいいます。

 

自傷行為を繰り返すようになると、感覚が麻痺してきます。そのためその行為はさらに頻繁に繰り返されることになっていくのです。こうなっていくと、その人のからだは無数の切り傷や打撲に覆われてしまいます。

 

 

そして自傷行為をしてしまう人は、虐待の経験を持った人に多くいることが確認されています。虐待を受けた年齢が低いほど、その人の攻撃性(怒り)は自分自身に向けられてしまいます。

 

⇩合わせてお読みください⇩

アダルトチルドレン 親から傷つけられた人へ

 

このような行為をしてしまう人の場合、その人は自分の中の攻撃性を調節する能力、あるいは他人からの攻撃に対する不安を調節する能力が弱まっているといえます。そしてその能力が低くなると、その人の中に「憎悪や憎しみ」を生んでしまうのです。

 

 

不安や攻撃性(怒り)を調節する能力が低くなると

 

人は不安や攻撃性・怒りを調節する能力が低くなると、自分や他人に対して「憎しみへの嗜癖」を生んでしまいます。

 

「憎しみへの嗜癖」とは、クリスタルという人物がナチの強制収容所から解放された人たちの、その後の人生について述べた言葉です。

 

強制収容所で受けた過酷で壮絶な経験から、その人たちはどこへ行っても誰と会っても、他人への不安や怒りに圧倒されてしまい、人間関係をつくれないまま人生から逃避してしまうという結果になってしまいました。

 

そういう過酷な経験から、その人たちの中には自傷行為に走ったり、アルコール依存、薬物依存になる人たちが少なくありません。ただ、その人たちはそうなることによってだけ、自分を救い出しているのです。

 

こうして、トラウマがその人たちの人生を支配してしまうとき、自分で自分をコントロールすることができなくなり、他人からの攻撃に対する不安を調節する能力が低くなり、それは自分に向けられ、自傷行為をしたり何かに依存することで生きていくしかできなくなってしまうのです。

 

それは自分ではもう処理できないような圧倒的な体験から自己を守るためなのです。

 

 

治療法などまとめ

 

離人症は幼少期に受けた虐待や、壮絶で衝撃的な体験をし、そのつらい出来事がトラウマとしてこころに傷を負い発症してしまいます。

 

それは自分であるはずの肉体の感覚が違うものに感じたり、自分がやっている行動などを遠くで自分が眺めているような感覚だったり、自分が話していても自分の意志で言葉を放っていないような感覚であったりなど、自分のしていることが自分でしているように思えない、という症状です。  

 

それは「生きた屍」とも言われ、生きつつも死んでいるような、極めて不快な感覚につきまとわれ、そこから逃れるために自傷行為をすることで、自分のつらい思いを緩和しています。

 

治療法としては、精神療法、抗不安薬または抗うつ剤などで対処されています。

 

しかし、抗不安薬は離人感や現実感消失を悪化させることもあるため、医師はこれらの薬の使用を注意深くモニタリングしながらの治療となります。

 

また、治療をしなくても自然に消失することもあります。そのため治療は症状があるか、苦痛を感じている場合にのみ行いましょう。

 

お読みくださりありがとうございました以上marupoでした

 

 

解離性障害「離人症」とは

 

 

「離人症」とは

 

離人症とは、自分のしていることが、自分でしているように思えない。という感覚をもってしまうようなことを言います。

 

その感覚とはあたかも傍観者のように、自分がしている行為を自分が見守っていたり、また自分がロボットになったような別のものになって自分の言動をコントロールできなくなったり、ずっと夢の中にいるような感覚であったりするのです。

 

 

また中には離人症とまではいかなくても、「自分のやっていることに現実感がともなわない」ことがあったり、あるいは「自分の体やその一部が自分のもののように感じられない」といった離人感に悩まされている人もいます。

 

そしてそのような解離性障害をもってしまった人にみられるのが、繰り返される悪夢やフラッシュ・バック、アルコールや薬物などの依存症、手首などを切る行為リストカットなどの自傷行為、自殺です。

 

こうしたひどいトラウマに遭遇し、生きつつ死んでいるようなきわめて不快な感覚につきまとわれてしまうつらさから逃れるために「依存」や「自傷行為」に走ってしまうのです。

 

 

離人症になってしまうその原因は?

 

離人症(離人感)の原因とは

 

【離人症になってしまう原因】

・幼少期、または小児期に精神的虐待、情緒的虐待、身体的虐待、ネグレクト

を受けた

・DV(ドメスティックバイオレンス)を目撃した

・親に重い身体障害または精神障害がある

・愛する人の突然死

 

など、離人症になってしまう原因には、とくに幼少期にこのような強いストレスを受けたり、虐待の経験をした人に発症します。

 

そして離人症という不快な感覚につきまとわれてしまうつらさから逃れるために「依存」や「自傷行為」に走ってしまいます。

 

 

 

なぜ自傷行為をしてしまうの?

 

自傷行為に走ってしまう理由

 

それに至ってしまう理由は、この離人症からくる不快な感覚を自傷行為をすることで緩和するという効果があるためです。ただ、その効果を求めてしまうため自傷行為に嗜癖(しへき)してしまいます。

 

【嗜癖とは】…英語でAddictionアディクション(依存症・嗜癖)といい、ある特定の物質や行動、人間関係などをとくに好む性向をいいます。

 

自傷行為を繰り返すようになると、感覚が麻痺してきます。そのためその行為はさらに頻繁に繰り返されることになっていくのです。こうなっていくと、その人のからだは無数の切り傷や打撲に覆われてしまいます。

 

 

そして自傷行為をしてしまう人は、虐待の経験を持った人に多くいることが確認されています。虐待を受けた年齢が低いほど、その人の攻撃性(怒り)は自分自身に向けられてしまいます。

 

⇩合わせてお読みください⇩

アダルトチルドレン 親から傷つけられた人へ

 

このような行為をしてしまう人の場合、その人は自分の中の攻撃性を調節する能力、あるいは他人からの攻撃に対する不安を調節する能力が弱まっているといえます。そしてその能力が低くなると、その人の中に「憎悪や憎しみ」を生んでしまうのです。

 

 

不安や攻撃性(怒り)を調節する能力が低くなると

 

人は不安や攻撃性・怒りを調節する能力が低くなると、自分や他人に対して「憎しみへの嗜癖」を生んでしまいます。

 

「憎しみへの嗜癖」とは、クリスタルという人物がナチの強制収容所から解放された人たちの、その後の人生について述べた言葉です。

 

強制収容所で受けた過酷で壮絶な経験から、その人たちはどこへ行っても誰と会っても、他人への不安や怒りに圧倒されてしまい、人間関係をつくれないまま人生から逃避してしまうという結果になってしまいました。

 

そういう過酷な経験から、その人たちの中には自傷行為に走ったり、アルコール依存、薬物依存になる人たちが少なくありません。ただ、その人たちはそうなることによってだけ、自分を救い出しているのです。

 

こうして、トラウマがその人たちの人生を支配してしまうとき、自分で自分をコントロールすることができなくなり、他人からの攻撃に対する不安を調節する能力が低くなり、それは自分に向けられ、自傷行為をしたり何かに依存することで生きていくしかできなくなってしまうのです。

 

それは自分ではもう処理できないような圧倒的な体験から自己を守るためなのです。

 

 

治療法などまとめ

 

離人症は幼少期に受けた虐待や、壮絶で衝撃的な体験をし、そのつらい出来事がトラウマとしてこころに傷を負い発症してしまいます。

 

それは自分であるはずの肉体の感覚が違うものに感じたり、自分がやっている行動などを遠くで自分が眺めているような感覚だったり、自分が話していても自分の意志で言葉を放っていないような感覚であったりなど、自分のしていることが自分でしているように思えない、という症状です。  

 

それは「生きた屍」とも言われ、生きつつも死んでいるような、極めて不快な感覚につきまとわれ、そこから逃れるために自傷行為をすることで、自分のつらい思いを緩和しています。

 

治療法としては、精神療法、抗不安薬または抗うつ剤などで対処されています。

 

しかし、抗不安薬は離人感や現実感消失を悪化させることもあるため、医師はこれらの薬の使用を注意深くモニタリングしながらの治療となります。

 

また、治療をしなくても自然に消失することもあります。そのため治療は症状があるか、苦痛を感じている場合にのみ行いましょう。

 

お読みくださりありがとうございました以上marupoでした

 

タイトルとURLをコピーしました