カウンセラーになるために

カウンセラーになるために

悩んだときは自問自答で解決できる「セルフカウンセリング」を身につける

誰もが悩みをもつとき、それが自分にとって良いことなのか悪いことなのか、何だかわからなかったり迷いがあるためそうなります。自分が何かで悩んでしまい、落ち込んで苦しいときは、悩むより自問自答セルフカウンセリングが大切です。
カウンセラーになるために

防衛機制という人の心の安全装置

人はショックな出来事に遭遇しそれがあまりにもひどかった場合など、心に大きな負担がかかってしまい、その記憶を無意識の世界に閉じ込める習性があるのです。そこで防衛機制という安全装置をつかいます。すると分裂して壊れそうだった心が一時的に守れるのです。
カウンセラーになるために

心理学を学ぼう初心者向け③「来談者中心療法」「傾聴」

カウンセリングの仕事とは、何もしないということを一生懸命にすることです。そして来談者中心療法とは「共感」「傾聴」です。まずは徹底的に相手の話を聴くことに徹すること。ひたすら「聴く」という忍耐力を身に付けていくことが大事なのです。
カウンセラーになるために

心理学講座・カウンセラーが心掛けること

カウンセラーはクライアントに対して「尊敬する」「共感する」「方向性と目的を明確にする」ことがpointです。が、これは本当にとっても重要な役割を担っているということを、カウンセラーはその「注意点」とともに、しっかりと理解しておかなくてはなりません。
カウンセラーになるために

カウンセラーを目指している方へ。自己否定はしない・自分を知っておくことが大事

カウンセラーを目指すのであれば、あらゆる分野や視野を広げて、そして学ぶことを常に続けていかなければならないのです。そして自己主張もしつつ、相手も尊重し、そしてなにより自分を成長させる努力が必要になってきます。
カウンセラーになるために

心理学を学ぼう初心者向け①「カウンセリング前編」

カウンセリングとはオーダーメイドの援助です。そこでカウンセラーを目指している人に是非知っててほしいことそれは、カウンセラーの役割とは心の悩みや問題を解決するための援助方法を教えるのではなく、悩んでる人と一緒に考えるという姿勢が最も大切ということです。
タイトルとURLをコピーしました