思考

心理学講座

ネガティブになる原因は無意識の「思考過多」その改善法とは

何かあったわけでもないのに、いつの間にか暗い気持ちになっていたりで、落ち込んでしまうということがあるなら、それは無意識にしてしまっている思考過多が原因です。また自分でも気づかないまま、ネガティブ思考の癖をダラダラと出していることがあります。
心理学講座

自己肯定感が低いのはなぜ?高くする方法とは

自分は自己肯定感が低い…そんな悩みを抱えていると、どうしても自信がもてなくなりますよね。もし、自ら『自己肯定感が低い』と感じているなら、その理由を探って高めていく必要があります。なぜなら、そのせいで人生の半分以上をつまらないものにさせてしまうからです。
思考

できない理由や言い訳をする人はセルフイメージを高めよう

今すぐ取り掛からないといけないことがあるのになぜかやりたくないという人は「明日でいいや」とか「そのうちやろう」など思うことがあります。また、どうしてもつい言い訳をしてしまうのには、日ごろから抱いているセルフイメージが低いことが原因のひとつでもあります。
思考

がんばっていても思うような結果がでないときは

目標に向かってずっとがんばっている、けれどなかなか思ったような結果がでないときがあります。もっている目標の内容は人それぞれ違いますが、やはりこのような形でつまづいたとき悩む気持ちは同じような感じです。そんな時は、まず一旦そこから離れて深呼吸をしてみてください。
心理学講座

寂しい孤独感で押しつぶれそうなときは自分を知って改善しよう

毎日孤独と戦って、寂しい気持ちで押しつぶれそう、そんな暗い気持ちで日々を過ごしているなら体も心もいつか疲れ果ててしまいます。今どうしても寂しすぎて孤独感いっぱいなら、自分を知って気持ちを変えながら改善することが大切です。孤独感や寂しい気持ちを抱えずに過ごすには
思考

思考が変われば、感情や行動も変化する

この誰もが持っている「思考」というのは、柔軟な人ほど「幸せ」を感じやすく、固い人ほど「つらく」「苦しい」気持ちを感じやすいのです。幸せを感じていくには否定的自己催眠から抜け出すことです。思考が変われば、感情や行動も変化すること
タイトルとURLをコピーしました