不安障害

不安

死の恐怖や耐えられない不安な状態が続く「不安障害」

人は強い不安が常につきまとってしまうと、現実的な危険とは無関係に沸き起こってしまう「死の恐怖」を感じてしまうことがあります。この状態が繰り返されると、感情が「死」への恐怖と結びつき、苦しみが増大していくのです。これを不安障害または不安神経症といいます。
タイトルとURLをコピーしました