人間関係

交流分析

自己主張の強い「やっつけタイプ」・相手を優先する「ためるタイプ」

心理学の交流分析では、「自己肯定・他者否定」をやっつけタイプといい、またその逆の「自己否定・他者肯定」をためるタイプといいます。良好な人間関係をつくっていくためには、自分と他人の違いを認め、素直に正直に自分の気持ちを伝えることからはじまります
ストレス

さらば劣等感!

この「劣等感」を強く持ちすぎると、そのストレスからさまざまな障害を引き起こす原因となってしまいます。また自分の中にとても高い理想をもっています。ラクに生きるためには気持ちの中に良い循環をつくること
いじめ

悪口好きなやつの心の闇に迫ってみた

悪口を言う人は、もともと心になにか別のストレスを持っていることがあります。例えば家庭の中に問題をかかえていたり、自分の中の解決できない問題から始まってることが大きいのです。発散することで、そこに自分の不幸からの逃避、逃げ場をつくろうとしています。
幸せ

思った通りの人生ってあるの?

夢のために今の習慣を変えるって仕事も生活も変えなくちゃいけないこともあるんじゃないでしょうか。それができたのは叶えたい夢のため。「無理」と諦めるのではなく、ラクに生きること「自分にもできるかも」からはじめてみませんか。
コミュニケーション

仕事のパートナーに疲れるときは

仕事のパートナーに疲れるときはあなたの気持ちを変えることが必要です。なぜならイライラした時点でそれは相手に振り回されてるってことだからです。サボる人いいかげんな人に対して期待をしないこと。相手のことを考えない人だとこちらが割り切りましょう。
タイトルとURLをコピーしました