心の安全装置

カウンセラーになるために

防衛機制という人の心の安全装置

人はショックな出来事に遭遇しそれがあまりにもひどかった場合など、心に大きな負担がかかってしまい、その記憶を無意識の世界に閉じ込める習性があるのです。そこで防衛機制という安全装置をつかいます。すると分裂して壊れそうだった心が一時的に守れるのです。
タイトルとURLをコピーしました