解離性同一性障害

虐待

悪魔の餌食になった無垢な天使。多重人格者の真実とは

多重人格障害とは、またの名を解離性同一性障害といい自分の中にいくつもの人格が現れてしまう人格障害です。特徴としては、ある人格が現れているときには別の人格のときの記憶がないことが多く、そのため生活面での様々な支障が出てしまいます。
タイトルとURLをコピーしました